優良な不動産会社を見極めるには?
不動産会社選びのポイント!

物件探し行う際、部屋選びはもちろん不動産会社選びにも悩みませんか?ネットで物件探しをしていると、沢山の不動産会社情報が掲載され、一体どこにお願いすれば良いか迷います。ここでは、優良な不動産会社を見極める選び方のポイントをお届けします。

主な不動産会社の種類とは?

まず一つ目に、大手不動産会社が挙げられます。大手不動産会社というのは、三井リハウスや東急リバブルなど、誰もが知っている不動産会社です。地方都市にも必ず支店があり、迷った際に選びやすいです。全国に数多くの支店があるネットワークを生かし、独自の宣伝戦略を活用できます。また、大手運営サイトは注目度も高いので不動産の宣伝力は抜群です。

そして2つ目に、中小の不動産会社が挙げられます。大手とは違ってその地域で長く営業している不動産会社が該当します。自分の住んでいる街に、こうした地域に密着した業者が存在すると安心ですよね。地域の不動産会社というのは、不動産1件ごとに丁寧な対応してくれます。また、地元の知識にも詳しく、買主候補検討がすぐつくのも良い点です。

さらに3つ目に、フランチャイズ加盟店が挙げられます。昨今、一般的になりつつある形態です。ハウスドゥやセンチュリー21などが有名フランチャイズ加盟店に挙げられ、加盟店で全共通するサービスを持っています。地方や郊外でもサービスを受けられ、検査サービスや内覧サービスなどを持っている地元業者です。

不動産会社の多店舗展開型と地域密着型の違いとは?

不動産会社といっても、多店舗展開型と地域密着型によって形態は異なります。多店舗展開型の場合は、チェーン店のような形で展開しており、支店と連絡を取りながら広範囲で物件を探します。一方、地域密着型の場合は、地域に密着しているので地域情報に詳しく、融通が効きやすい良さがあります。このように、不動産会社には大きく2つのタイプの会社があるのですが、どのように会社を決定すれば良いかポイントを見ていきましょう。

まず、不動産会社を探す際には、不動産会社の口コミを集めてみましょう。地域密着型の場合は小規模なので見つけにくいかも知れませんが、多店舗展開型の場合はネットで口コミ見つけることができます。口コミ情報は利用者のリアルな声なので、それを元に問い合わせや、実際にお店で話してみた印象などを考慮して、探すのがおすすめです。店頭では、出向かないと入手できない物件情報もあるので、色々リサーチした上で、どこの不動産会社を利用するのが最適か決定しましょう。

地域密着型の不動産会社は地元に関する知識に詳しい!

地域密着店の不動産会社のメリット

地域情報に詳しい豊富な情報力

地域密着型のスタッフは、その土地に長い期間住んでいるので、色々な情報を豊富に持っています。安売りスーパーなど生活に役立つ情報や、過去に起きた近所トラブルなど、色々教えてくれます。これは、地元ならではの情報であり、入居する際にも良い判断材料となりますよね。地域で親しみやすい不動産屋が地域密着型の良さなので、引っ越し先の物件も丁寧に説明した上でより良い物件を紹介してくれます。

また、地域密着型の不動産会社は、地元の地主さんとの関係性も深いです。なので、物件へ足を運んだお客様の態度が悪かった場合には、不動産会社が「安心して貸し出しできない」と判断する場合もあます。しかし、不動産会社との信頼関係によって、家賃や敷金・礼金の値下げ交渉を行ってくれたり、地主さんから承諾をもらいやすくなったり、融通が通る場合もあります。

掘り出し物件に出会える

地域密着型の不動産会社は、掘り出し物件情報も沢山持っています。地主さんから直接委託された優良物件を管理していることもあります。このように、エリアに特化した物件情報を持っている点は、地主さんと繋がりが深い地域密着型ならではです。希望条件に対して柔軟に対応してもらえるので、相談してみる価値があります。

また、地域密着型の不動産会社は、抱えている物件数は大手に比べて少ないですが、抱えている物件1つごとに全てをしっかり把握しています。対応地域に関する情報を沢山持っていることはもちろん、地元の方とも深い繋がりがあるので、気になる物件の噂や詳細情報を知っています。地域密着型の不動産会社なら、住環境に関する情報も丁寧に全て教えてくれます。

地域限定だからこその対応力・サポート力

地域密着型の不動産会社は、地元に詳しいスタッフが在籍しています。地域を限定して物件を抱えているので、希望条件の物件情報をスピーディーに紹介します。また、地主さんとも仲が良いので、家賃交渉に時間を取ることなく物件契約もスムーズです。物件売却に関する相談も、長年の経験を用いて素早く対応してくれます。地域への深い愛がある地域密着型の不動産会社は、親身になって対応してくれるので相談しやすいです。

また、アフターフォローにも違いがあります。大手不動産会社では、土地勘のない人が担当者になるケースもあります。その場合、担当者が不慣れな地域で物件を探すので、頼りにならないことがあります。その点、地域密着型の不動産会社は、その土地での経験の豊富さを用いてしっかりサポートします。長期間の付き合いになるので、トラブルが発生しても相談しやすく心強いです。

地域密着店の不動産会社のデメリット

地域密着型は、地域限定されるので物件数も限られるのがデメリットでしょう。大手不動産会社の物件数と比べれば見劣りすることもあります。しかし、地元の不動産会社の持つ魅力は、何と言っても、この場所に住むと決めている方にとっては、色々な情報細かくを知っているので、物件選びでも良い方向へサポートしてくれる要素になります。

信頼できる不動産会社の選び方とは?

まず、多くの条件に見合う物件の提案をしてくれることです。たとえば、ネット情報収集で気になる物件があった場合、不動産会社を訪れて紹介してもらう形になりますよね。しかし、ネット情報は不特定多数の方が同時閲覧しており、契約が決定しているケースもあります。そんな場合、同条件で他の部屋を用意してくれたり、情報を集めてくれたり、そんな不動産会社は良い会社で親切です。

仲介業と管理業を兼ねている会社もあり、管理物件に関しては家賃交渉もしやすいので、そのような物件を持っている不動産会社では、初期費用を安く抑えることに繋がる場合もあります。また、仲介業だけの不動産会社より情報が多いので、良い物件が見つかる可能性も高くなります。また、複数会社を見て自分に合った会社を見つけることも大切です。良い不動産会社を見つけるためには、幾つかの会社を当たる方が良いです。

たとえば、信頼と実績のある大手不動産会社であっても、担当者の手腕や性格でも自分に合う・合わないがありますし、地域密着型の店舗で親身に相談に乗ってくれて安心できる場合もあります。なので、自分が住むエリアが決定したら、最寄りの駅にある不動産会社を幾つか回って比較するのもおすすめです。

まとめ

ここでは、優良な不動産会社を見極める選び方のポイントをお届けしてきましたが、いかがでしたか?不動産会社にも2つのタイプがありますが、より地域に根づいたおすすめ物件を探す際には、地域密着型の不動産会社はおすすめです。住むエリアが決定した際には、その地域に詳しい不動産会社で優良物件を見つけてみましょう。